早食いはなぜ、良くないのでしょうか?一つは、食べ過ぎて満腹になるまでにしまうからです。脳が「満腹サイン」を食事をしてしばらくすると、出します。す ると、満腹感をわたしたちは感じるのです。ほどほどの量に達したときにゆっくり食べていれば満腹感を感じますが、早食いだと満腹感を感じるときにはすでに 食べ過ぎてしまっているのです。

 

そして内臓に負担がかかる、ということがもう一つです。口の中には唾液があり、はじめの消化が唾液によっておこなわれますが、食べ物が丸呑み状態で胃に運ばれると、ほとんど1から胃は消化をしなければならず、大きく負担がなってしまいます。胃には当然悪い行為です。
食べ方にもダイエットをするのであれば気をつけてみましょう。

 

ダイエットをしていても、空腹感が耐えられないとか、ついたくさん食べてしまう、という失敗を今までにしたことはありませんか?

 

我慢をそれすらするのがダイエットだと思われているかもしれませんが、続けることが我慢ばかりのダイエットでは難しいです。意志が弱いからだと言うよりは、ダイエットが失敗するのはそもそも目標や方法に無理があることの方が多いのです。

 

と言っても好きなだけ我慢せずにたくさん食べる、というのではダイエットはできません。

 

「早食い」をダイエットをして太りにくい体を手に入れたければ止めるようにしましょう。

 

早食いが太っている人には、多いと言われています。流しこむように食べていたり、丸呑みにほとんど噛まずにしていたり、ということが多いのです。